{%siteTitle%} 

看護師が直接病院などに応募するメリット・デメリット!

看護師求人サイトはたくさんありますが、求人会社によって得意な事やお祝い金、地域など違うんです!求人サイトを実際に利用した何人もの現役看護師や転職エージェントに実際に話を聞いたりして徹底的に調べました!働き方や科目によっても違いますので参考になればと思います。

直接病院に応募する

このエントリーをはてなブックマークに追加  

qa_07_img_01.png

qa_07_img_02.png

15%〜20%の人は、ハローワークや看護師求人サイト等を経由することなく、実際に自分が勤務したい病院やクリニックに直接応募しています。
すべての病院がハローワークや看護師求人サイトに求人を公開しているわけではありません。
このため、どうしても勤務したい病院やクリニックがある場合は、直接応募することになります。

 

ここでは、直接病院に応募した場合のメリットとデメリットについて説明したいと思います。

直接応募した場合のメリット

 

 

 

 

      自分のペースで進められる
      採用活動の有無から自分で確認できるため、
          応募し損ねることはない


自分のペースで進められる

間に第3者が介入することがないため、速やかに行うことが出来ます。
また、自分のペースで転職活動を進めることが出来ます。


採用活動の有無から自分で確認できるため、応募し損ねることはない

 すべて自分で管理するために、第3者要因による応募忘れがありません。

 


直接応募した場合のデメリット

 

 条件交渉がしづらい
 履歴書や面接対策ができない
 連絡などすべて自分でやる必要がある
 職場の情報が少ない
 書類選考で落とされる可能性が高い


条件交渉がしづらい

 給与や勤務内容など、自分から勤務交渉を言い出しづらいです。

 

履歴書や面接対策ができない

ハローワークや看護師求人サイトでは、履歴書や職務経歴書の書き方指導などをしてくれます。
しかし、直接応募する場合は自分で書類の内容を確認する必要があります。

 

また、看護師求人サイト経由の場合は病院ごとの面接対策のアドバイス等をしてもらえることがあります。


連絡などすべて自分でやる必要がある

 書類の送付や、面接日時に調整等、すべてを自分でする必要があります。

職場の情報が少ない

 

職場の雰囲気や人間関係等は実際に勤務してから出ないと解らないものです。
直接応募の場合は、インターネット等で公開されている以上の情報を得られないのが大きなデメリットといえるでしょう。


書類選考で落とされる可能性が高い

採用担当者からすれば、どこも経由していない人材のためにその人材に対する保障がまったくない状態です。
(※ハローワークや看護師求人サイト経由の場合、いったんそこで登録し、そこから紹介が来ているという保障があります。)
 このため、その人材がどんな人なのかまったくわからないために書類選考の段階で落とされる可能性があります。

アナタにオススメの看護師求人サイト

 

 

非公開求人が多数♪
顧客満足度1位※を獲得した実力のサイトです。
(※オリコンCSランキング)
最大10万円の転職お祝い金も魅力です

国内最大級の求人数♪
転職成功の暁には、うれしいお祝い金5万円
全国の求人を網羅しているので、首都圏だけでなく、地元の就職活動にもばっちり♪

医師・薬剤師・看護師など26万人以上の医療関係者が利用♪
簡単1分登録
職業適性診断や、CBニュースなど情報豊富

 

また、自分の公開プロフィールを登録し企業からの連絡をまつ「スカウト機能」もあります♪