{%siteTitle%} 

看護師が知人・友人の紹介で転職するメリット・デメリット!

看護師求人サイトはたくさんありますが、求人会社によって得意な事やお祝い金、地域など違うんです!求人サイトを実際に利用した何人もの現役看護師や転職エージェントに実際に話を聞いたりして徹底的に調べました!働き方や科目によっても違いますので参考になればと思います。

知人・友人の紹介で転職する場合

このエントリーをはてなブックマークに追加  

qa_06_img_01.png

qa_06_img_02.png

なにも転職活動はハローワークや、看護師求人サイトを利用するだけではありません。
知人・友人の紹介、いわゆる縁故転職でも転職は可能です。

 

ただ、縁故転職の場合、紹介者の信頼と立場を失墜させないようにする必要があります。
ここでは、縁故転職をした場合のメリットデメリットについて説明します。

知人・友人の紹介で転職した場合のメリット

 

      内定の確率が一般応募より格段に高い
      勤務内容の融通がきく
      楽に転職できる
      職場の内情が事前にわかる
      職場に溶け込みやすい

 

 

 


内定の確率が一般応募より格段に高い

紹介されるということは、その職場が人材を欲している場合が殆どです。
病院側では入職前からその人となりを知ることが出来るので採用される可能性はとても高いです。


勤務内容の融通がきく

既に知人というパイプが出来ているので、勤務内容等も事前に交渉しやすいです。


楽に転職できる

面接や、勤務交渉など ある程度のステップを省いて転職できる場合があります。

職場の内情が事前にわかる

 知人から実際の職場の雰囲気や、人間関係、勤務実態などを事前に聞くことができます。

職場に溶け込みやすい

 誰も知り合いがいない職場より、知人がいる職場ですので職場に溶け込みやすいです。

知人・友人の紹介で転職した場合のデメリット

 
 

 

     職場をきちんと調べていなかった
     過大評価される場合がある
     本命の病院から内定をもらった場合、断りにくい
     辞めにくい
     コネ入社といわれかねない


職場をきちんと調べていなかった

縁故入社の場合、きちんと職場を調べずに転職する可能性があります。
このために、入職後に「こんなはずじゃなかった」ということがあります。


過大評価される場合がある

一般的に、縁故入社の場合「xxさんの知り合いだからこれ位出来て当たり前」な
風潮が若干ある可能性があります。
あなたも、紹介者の顔に泥を塗るのを不味いと思い、そういったことがプレッシャーになることもあります。


本命の病院から内定をもらった場合、断りにくい

もしも同時進行で転職活動を行っていた場合、紹介された病院から内定をもらった後に本命の病院から内定をもらえた場合、断りづらいことがあります。


辞めにくい

 紹介者の信頼があって入職した以上、少々の問題があっても退職しづらいことがあります。

コネ入社といわれかねない

 縁故入社で、特別待遇を受けている場合はコネ入社といわれ後ろ指を指される可能性があります。

アナタにオススメの看護師求人サイト

 

 

非公開求人が多数♪
顧客満足度1位※を獲得した実力のサイトです。
(※オリコンCSランキング)
最大10万円の転職お祝い金も魅力です

国内最大級の求人数♪
転職成功の暁には、うれしいお祝い金5万円
全国の求人を網羅しているので、首都圏だけでなく、地元の就職活動にもばっちり♪

医師・薬剤師・看護師など26万人以上の医療関係者が利用♪
簡単1分登録
職業適性診断や、CBニュースなど情報豊富

 

また、自分の公開プロフィールを登録し企業からの連絡をまつ「スカウト機能」もあります♪