{%siteTitle%} 

認定看護師としてお仕事したい人のオススメ求人はこれです!

看護師求人サイトはたくさんありますが、求人会社によって得意な事やお祝い金、地域など違うんです!求人サイトを実際に利用した何人もの現役看護師や転職エージェントに実際に話を聞いたりして徹底的に調べました!働き方や科目によっても違いますので参考になればと思います。

認定看護師の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

■認定看護師とは?

employ_18_img_05.png

■認定看護師になるには?

毎年1回、日本看護協会にて、認定看護師認定試験を実施しています。

employ_18_img_03.png

試験を受けるには以下の条件を満たしていることが必須となります。

 

1.日本国の看護師免許を有すること。
2.看護師免許を取得後、
  通算5年以上実務研修していること
3.『認定看護師教育課程』を修了していること。


■認定看護師の役割

認定看護師の役割は、「実践・指導・相談」です。
認定看護師は、研修や勉強会など実務以外の業務が多くあります。

employ_18_img_07.png

救急看護(Emergency Nursing)

employ_18_img_06.png

皮膚・排泄ケア(Wound,Ostomy and Continence Nursing)
集中ケア(Intensive Care)
緩和ケア(Palliative Care)
がん化学療法看護(Cancer Chemotherapy Nursing)
がん性疼痛看護(Cancer Pain Management Nursing)
訪問看護(Visiting Nursing)
感染管理(Infection Control)
糖尿病看護(Diabetes Nursing)
不妊症看護(Infertility Nursing)
新生児集中ケア(Neonatal Intensive Care)
透析看護(Dialysis Nursing)
手術看護(Perioperative Nursing)
乳がん看護(Breast Cancer Nursing)
摂食・嚥下障害看護(Dysphagia Nursing)
小児救急看護(Pediatric Emergency Nursing)
認知症看護(Dementia Nursing)

脳卒中リハビリテーション看護(Stroke Rehabilitation Nursing)
がん放射線療法看護(Radiation Therapy Nursing)
慢性呼吸器疾患看護(Chronic Respiratory Nursing)
慢性心不全看護(Chronic Heart Failure Nursing)

 


 

認定看護師のメリット

 

認定看護師としての転職ではどんなメリットがあるのでしょうか?
代表的なものをあげてみました。

 

  認定看護師手当がつく
  自分の興味がある分野での高度な知識とスキルが身に付く


認定看護師のデメリット

 

認定看護師としての転職ではどんなデメリットがあるのでしょうか?
代表的なものをあげてみました。

 

  給与がダウン恐れがある
  資格取得のために、莫大な費用と時間がかかる


認定看護師の転職成功のポイント

 

■認定看護師になりたい

employ_18_img_01.png

となると、仕事をしながら資格取得は厳しいのが現状です。
中には 認定看護師の取得支援制度がある病院もありますので、そういったところに転職するのもオススメです。

■現在認定看護師であり、転職を考えている

employ_18_img_04.png

 

折角とった認定看護師の資格でありますが、前より給与がダウンしてしまった・・といのをよく耳にします。

 

これは、認定看護師の手当てがついた代わりに、今までついていた夜勤手当がなくなってしまったための弊害だそうです。

 

認定看護師として転職をする際には給与体制をしっかり確認した上で応募することをオススメします。

 


アナタにオススメの看護師求人サイト

 

 

非公開求人が多数♪
顧客満足度1位※を獲得した実力のサイトです。
(※オリコンCSランキング)
最大10万円の転職お祝い金も魅力です

国内最大級の求人数♪
転職成功の暁には、うれしいお祝い金5万円
全国の求人を網羅しているので、首都圏だけでなく、地元の就職活動にもばっちり♪

医師・薬剤師・看護師など26万人以上の医療関係者が利用♪
簡単1分登録
職業適性診断や、CBニュースなど情報豊富

 

また、自分の公開プロフィールを登録し企業からの連絡をまつ「スカウト機能」もあります♪