{%siteTitle%} 

看護師で配置基準が7:1の病院で働きたい方にオススメな求人はこれです!

看護師求人サイトはたくさんありますが、求人会社によって得意な事やお祝い金、地域など違うんです!求人サイトを実際に利用した何人もの現役看護師や転職エージェントに実際に話を聞いたりして徹底的に調べました!働き方や科目によっても違いますので参考になればと思います。

配置基準が7.1の病院の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加  

配置基準7:1って?

1人に対して担当患者が多いと、どうしても行き届いた看護が出来ないもの。

 

そのため、ジレンマを抱えている看護師さんが多かったのですが、7:1の配置基準の現場では、
今までより決め細やかな看護が出来ると、看護師さんから人気があります

また、一人当たりの担当患者が減ると夜勤回数も減り肉体的にも精神的にも楽になります。
予定も立てやすく充実したプライベートをおくることも夢ではありません♪

 


 

配置基準7:1は病院にメリットがあり

働く看護師にいい事尽くめに聞こえる配置基準7:1では、病院にとってもメリットがある制度なんです。

 

配置基準7:1は看護師さんだけではなく、病院側にもメリットがあります。
15:1と比較して6000円近く看護報酬に開きがあるんです。

 

 


 

配置基準7:1の落とし穴に注意!

 


ここまでいい点だけを説明してきましたが、配置基準7:1には落とし穴が潜んでいます

 

ぎりぎりの人数で7:1体制を維持している病院では、誰か1人が休むと一気に基準を満たさなくなってします。

 

このため、逆にシフトがきつくなったり、休みが取りにくかったりします。

 

また、7:1は平均としての配置人数のため、夜間は3:1でも日中は15:1といったように時間帯によってばらつきがあることがあります。


配置基準が7.1の病院のメリット

 

配置基準7:1の病院ではどんなメリットがあるのでしょうか?
代表的なものをあげてみました。

 

   きめこまややかな看護が出来る
   夜勤が少ないためプライベートとの両立が出来る
   長く続けられる職場が多い

 


配置基準が7.1の病院のデメリット

 

配置基準7:1の病院ではどんなデメリットがあるのでしょうか?
代表的なものをあげてみました。

 

   平均として7:1の場合、逆に業務が大変になる

 

 


配置基準が7.1の病院への転職成功のポイント

 

看護師の人数ぎりぎりの人数で運営していないかチェックしましょう。
・離職率

 

離職率が低いことは、働きやすい職場であることを意味します。
入職してから、理想と現実のギャップに悩む前に、本当に働きやすい環境かチェックしましょう


アナタにオススメの看護師求人サイト

 

 

非公開求人が多数♪
顧客満足度1位※を獲得した実力のサイトです。
(※オリコンCSランキング)
最大10万円の転職お祝い金も魅力です

国内最大級の求人数♪
転職成功の暁には、うれしいお祝い金5万円
全国の求人を網羅しているので、首都圏だけでなく、地元の就職活動にもばっちり♪

医師・薬剤師・看護師など26万人以上の医療関係者が利用♪
簡単1分登録
職業適性診断や、CBニュースなど情報豊富

 

また、自分の公開プロフィールを登録し企業からの連絡をまつ「スカウト機能」もあります♪